スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) | スポンサー広告 | page top↑
claimer
claimer.jpg

筧俊夫さん主演でドラマ化された「となりのクレーマー」を見た

原作は本屋で気になってはいたが、現在接客業をしていないオイラには
買ってまで読む気がしなかったためである。

身近な人で とあるショップの店長をしている女の人がいるが
理不尽な客からのクレーム話をいつも聞かされている
よほど悔しいのか腹が立つのか直後に電話で
「ねぇ聞いて聞いてこうこうこうだ」と話してくれるのだ




いったん問題が発生すると客も自分も納得するところで落ち着くというのは
中々にムヅカシイ
やはりサービス業であるから自分の心情よりも客の立場で
処理してしまうからだと思う
(最近では明らかに商品や対応・サービスに問題があっても
絶対に折れない店員もいるのだが)

オイラも十なん年か接客業をしてきたので客からの苦情やクレームで
胃が痛くなり誰かに聞いてもらいたいという気持ちは良く分かる
今は実際に現場にいないので相談や愚痴を聞くだけで
何もしてあげられないんだけど

店員と言えば最近オイラがあったのは 近所のパチ屋での出来事
その店はタバコの自販機が無いのです
正確に言うと自販機はあるのだがお金では買えないのです
では何で買うかというとパチンコ玉で買うのですね
しかし直接自販機に玉は入れられないので
会員カードに貯玉(景品交換する時のあまり玉を貯めておける)
ということをして、そのカードで買うわけです。
毎日のように行く人なら持っているでしょうが
一見に近いオイラは当然持っていません

ようするに自販機ではタバコを買えないのです

タバコが欲しい時はまず欲しいタバコ分の玉を買って
その玉を店員に頼んで計量器にかけてもらってレシートに交換してもらう
んでそのレシートを景品カウンターに持って行って始めて交換して
もらえるのです

ね 面倒でしょ

近所にコンビニでもあればちょっと外に出て買ってくる事も出来るのですが
あいにくコンビニも商店も無い

でここはチェーン展開もしていて道内ではかなりの店舗がある訳で
札幌にもお店があってね
そこにはちゃんとお金で買える自販機があるのですよ
玉を直接入れれるのもあったかな(笑)

ある日あまりに面倒なので店員に聞いたのです

「なぜ普通の自販機を置かないの いちいち玉買って交換して面倒ダス」 と

そしたら「お店の方針ですので私には分かりません」と

おいおい接客や経営についてのお客様アンケート用紙のコーナーは
ちゃんとあるのにその回答は何ですか~?
まぁ確かに分からないのでそう答えたのでしょう

これはオイラが聞いたからそう答えたのか
なるほど
要望としては聞いてもらえなかった訳だ
しかし前出の店長ならばこう答えたはず

お手数をかけて申し訳ございません お客様からのご意見として
会社(店長)に報告しておきます と

釧路の店の店長がタバコ嫌いなのかは知らんけど
むしろタバコ吸う客は来ないでくれと思っているのかしら
なら全面禁煙にしたらいかがだろうか
閉店後の掃除の経費も浮くし

実情は会員カードにノルマがあって
手間をかけるのが嫌な人に手っ取り早くカード作らせて
個人情報を手に入れて
ガセイベントのDMを垂れ流したいだけだとは思うがね
カードやDMの発行枚数で俺はやることはやっている
業績が芳しくないのは俺のせいじゃないと
言い訳にも使えるし 
そうそうなんでも他人のせいで自分は悪くないですよ~っと
こうゆう人最近多くないですか?

なぜ百害あって一利なしと言われるタバコや
朝鮮玉入れと揶揄されるパチをするのかはまた改めて書きますので

話がだいぶそれましたがドラマの感想

原作からいくつかのエピソードを使ってドラマ化したみたいなんだけど
一番 うんうんそーだねぇ と思ったのは筧さんの妻のセリフ
奥さんは保母さんをしていて、ある日保護者からのクレームで
心を痛めて園を辞めてしまう
心配する夫にどうして世の中こんな風になってしまったのか語るシーンで

「みんな自分の事しか考えていない、もっと優しくなれればいいのに」

これです コレ
釧路に引越ししてきて一番感じていた事を代弁してくれているようで
こんな風に感じているのは自分だけでは無いのだなぁと

心に余裕が無いと中々人には優しく出来ないもんです

旅をしていると優しい人に出会うことも沢山あって
まだまだ日本も捨てたもんじゃないのぉ なんて思ったり
まぁそれは旅人という一期一会に対しての優しさだったりして
日常とは又違うものだとは思うけれど

もしかするとオイラは人に優しくされたくて旅をしているのか(笑)

札幌は人口が多い分余裕のある人も多いようで
それほど感じた事は無かったけど
ここはなんかね 少なくともオイラが出会う人々は老若男女問わず
「自己中心的」
ごく稀に優しい人に会う時もあるのでみんながそうだとは言わないが
引っ越してくるまでこんなに感じた事が無かったので

人に優しくするというのは大事だね

自分もまだまだだけど、今年はもっと意識して生きて行こうと思います。

スポンサーサイト
2008 / 01 / 06 ( Sun ) | 映画とかドラマとか | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<Rounders | ホーム | DESIRE>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://umion.blog19.fc2.com/tb.php/66-c889ebfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』 公式サイトにおいて 使用許諾が明示されているものもしくは『大航海時代 Online』の有効な アカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。
2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。