スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) | スポンサー広告 | page top↑
DIYサス交換~FFってみんなこうなの?
ども

仕事も一段落ついたので、はりきってサス交換だーっと思い

今までのようにタイヤを外してジャッキアップ
フロアにウマをかけてストラットを外すと

2.jpg1.jpg

ドライブシャフトがナックルの重みで抜けてきました (゚д゚lll)ガーン
とりあえず外さないとどーしよーもないのでそのまま外す事に

外したストラットにスプリングコンプレッサーをかけてバネを縮めます。

万力で固定してセンターロックナットをインパクトレンチでガツン・・・

は 外れない
ランカーなのか?


シルビアの時はインパクトで外れたのに~

はぁ どーしよっかなー ロックナットだけ工場に持って行って外してもらうかぁ
などと考えながら
ふとエンジン下を覗いてみるとなにやら赤い液体が漏れてきている
・・・・・( ̄□ ̄;)!!な なんじゃりゃぁーーーーっ!!!

4.jpg

赤いって事はエンジンオイルでは無い
ではクーラントか?
でも匂いが違う
もしやこれはATFオイルでは・・・
フィガロはFFなのでエンジンとミッションは一体で
さらにオートマなのでデフオイルは兼用される
間違いない これはATFだ

ドラシャ外すとATFが出てくるなんてまったくの想定外

もしかして古いからシールが痛んでて抜けたはずみに漏れてきたか?

これじゃサス交換どころではないぞ

年式の古い車→ヘタにATF交換→AT壊れる→AT載せ変え

そんな最悪パターンが頭をかけめぐる

とりあえずストラットを元どうりに組み直してシャフトも戻して一晩様子を見ることに

翌日エンジン下を見てみると、まだわずかに漏れている感じ

んー シール交換かなぁ

ディーラーにtelして状況を説明すると やっぱりシールの損傷が疑われるので 
一度持ってきて下さいと言われる始末

では自宅の近くなので自走して持って行こうと車を動かそうとすると





エンジンは吹けるもののピクリとも動かない・・・

D・2・1・P

どのポジションでも動かない

もしやATFが抜けたために動かなくなってしまったのでは?

仕方が無いので近所のカー用品店でATFを1リットル買って補充

おそるおそる動かしてみると 少しすべりぎみながらなんとか自走可能に

ディーラーにて見てもらうとシールは大丈夫みたいだし

AT本体もまだ大丈夫みたいなので

とりあえずオイルの補充で済みました (^-^)

原因はドラシャがキチンとはまってなかったらしく

そこからATFが漏れていたとの事

ついでにディーラーでは本来やらないサス交換も

”車検対応”なので

と言ってやってもらいましたwww

ががが ここでまた不具合が発覚!

右のキャリパーが固着ぎみでブレーキを引きずっているみたい

早めにOHか交換が必要とのこと  (゚д゚lll)ガーン




ダメダメじゃんw




スポンサーサイト
2005 / 10 / 13 ( Thu ) | クルマとかバイクとか | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ふぇちバトンがぁぁぁ | ホーム | ネオレトロはハードロックの夢を見るのか?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://umion.blog19.fc2.com/tb.php/24-59c2f771
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』 公式サイトにおいて 使用許諾が明示されているものもしくは『大航海時代 Online』の有効な アカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。
2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。